なんでも全力

皆さま、こんにちは。

FTCスタッフの聚岳です。

 

新年度が始まってもうすぐ2ヶ月になりますね。

我が家の新1年生も、毎日元気に学校に通っています。

 

少し前の話になりますが、家庭訪問で先生とお話した時に、ちょっと嬉しい話を聞きました。

 

1年生の息子は、活発といえば聞こえはいいですが、元気がありすぎてちょっと落ち着きがなく、入学後は少し心配していました。

春の授業参観でも何度も後ろを向いていて、クラスの中でも一番動いているように見え、私一人ひやひやしました。

 

そんな息子ですが、クラスでの係決めの時に、なりたい係があったようなのですがなることができず、次に希望したものも他の子に決まってしまい、最終的に4つの係から外れてしまい悔し泣きをして帰ってきたことがありました。

先生とのお話の中でもその時のことを伺ったのですが、息子が希望した係はやることが比較的多い係だったようで、次に希望したものもその次もやっぱり出番が多い係だったそうです。

後から息子になぜその係を希望したのか聞いてみたところ、やることがたくさんあるとたのしいから!という答えで、自分に役目があるのが嬉しくて、それが多ければもっと嬉しいということでした。

 

最終的に決まったのは教室の電気をつける係だそうですが、今ではその仕事を毎日張り切って全力でやっていて、電気をつけるのを忘れて遅くなってしまった時は、帰りの会で反省の報告をしているそうです。

そんな息子のことを先生は、些細なことでもいつでも全力で、意欲に溢れていてすばらしいと話して下さいました。

 

日々生活している中で、仕事・家事・学校役員の仕事などに追われていると、息子から「あれやりたい」「これ手伝っていい?」とい言われると煩わしく感じてしまうこともありますが、自分に役割が欲しくてそれを全力でやろうとする気持ちに応えてあげたいですし、そういう姿を見て良い刺激をもらい、わたしも今以上に色々なことを頑張ろうと改めて感じた出来事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 



Comments are closed