夏の思い出

こんにちはFTCの和田です。

もうすぐ子供たちの夏休みも終わりに近づいてきました。

先日登校日に宿題や課題作品などの提出は終わったので、残りの夏休みは自習勉強やプリントなどインターネットでプリントして、毎日勉強も続けてくれてます。と言っても1日のほんの30分ぐらいですが・・・ あとはほぼ自由に過ごしてるようです。今子供たちのはやりはYouTubeで双子ダンスというものを見ながら、姉妹やいとこの女子通し集まって踊りながら、カメラ撮影して楽しんでいます。双子のように動きなど合わせて、音楽に合わせて踊るのですが、撮影した画像を見せてもらうと結構な力作でびっくりします。

先日、お盆休み中に、家族、いとこ家族と大人数で立山に行ってきました。

立山と言えば、立山アルペンルートの雪の壁をバスで通ることや、黒部ダムなど有名ですが、今回は夏なので、雪の壁はありませんでしたが、立山駅よりケーブルカーと専用バスにて室堂という標高2450mの場所まで行きました。とても天気もよく、アルプスの山々がすごく綺麗でした。まるでスイスの山脈をみてるかのような山肌で、涼しく過ごしました。大きな池も2つあったり、地獄谷もあり硫黄のにおいもしてました。

お盆中ということもあり、人もすごく、夜中の1時に大垣を出発し、立山駅に到着が5時50分、切符を買うのに40分待ち、ケーブルカー乗るのに1時間待ち、美女平から専用バスに乗り換えるのに40分待ちで、バスで室堂まで50分かかり、室堂に到着したのが9時でした。すごく待ち時間も人も多くて、びっくりでしたが、それだけかかってもあの景色は見てみる価値はあると思いました。

帰りに高山病で頭痛で苦しんだので、私はしばらくはいいかな・・・ 結構一生思い出に残る景色が見れました。また機会あれば行きたいです。今度は黒部ダムの方へ行ってみたいです!!

DSC_1321

 

 

 

 

 

 

 

DSC



Comments are closed