日常生活。

こんにちは。

FTC 長澤です。

早いもので子供たちも中学2年生と小学校5年生になりました。

長男は吹奏楽部のパーカッションパートで、土日も含めて毎日練習に励んでいます。

先輩や友人にも恵まれて、毎日楽しく過ごしている様子を見ると、おとなしくて自分を表現する事が苦手だった長男の成長を感じます。

ステージ上の演奏も、親から見ても堂々として安心して見ていられるようになりました。

 

次男は学級代表に選ばれたようで、学校生活や学習での取り組み姿勢に目に見えて変化が現れました。

皆の前に立ってお話をするのも、大きな声で上手に出来ていて、内面から出る自信が感じられるようになりました。

何事にもまずは挑戦してみる前向きな姿勢は、私も見習わなければいけません。

この子達も、そんなに遠くない将来、社会人として独り立ちする事になります。

それぞれに合った事を楽しんで仕事に出来るよう、自分の得意なことを存分に伸ばせるような環境作りをしたいなと思っています。

子供は親を見ていますから、「大人って楽しそう」って思ってもらえるような大人でありたいです。

 

実は昨日、仕事を終えて夕食を作っている途中に、開けっ放しの冷蔵庫の扉で頭をぶつけ、痛い!と頭を押さえたら血が出てきました。

子供ではなくて、私が…です。

完全に慌てて、オロオロしてしまったのですが、ちょうど家にいた次男は「大丈夫?」と駆け寄ってきてくれて、まずは冷蔵庫の扉を閉め、コンロの火を消し、タオルを渡してくれました。そして傷口を見て「お母さん、大丈夫。そんなに大きな傷じゃないから!頑張って!」と声をかけてくれました。

次男は普段から怪我が多いせいか、とても落ち着いていて、冷静に対応してくれました。

幸い、たいした事もなく、血もすぐに止まりましたが、駆けつけてくれた友人と次男の存在にかなり助けられました。

塾から帰宅した長男は、あきれながらもたんこぶを冷やす氷枕を渡してくれました。

一夜明けてすっかり元気になりましたが、日常生活では思わぬ事が起こるものですね。

これは、何事も落ち着いて行動しなさい!という忠告なのだと受け止めて、また同時に友人や家族の優しさに感謝しています。

皆が健康であることが一番ですね。

 

 

 

 

 

 



Comments are closed