Googleアナリティクスでまず最初に見るポイントその1

皆さんこんにちは。

FTCスタッフの川瀬です。

前回WEBマーケティングを自身でやってみようという内容を書きました。
今回は、成果状況を把握するためのツール「Googleアナリティクス」において、私がまず最初に見ているポイントをご紹介したいと思います。

Googleアナリティクスは非常に多機能でアクセス解析においては必要不可欠のツールですが、多機能故に何を見れば良いか分からないという方も多いと思います。
まずはこれからご紹介するポイントを押さえて、徐々にこのツールに慣れていきましょう。

ユーザーレポートを見る

ユーザーの属性(地域や性別年齢、アクセス端末等)や、訪問数やPV数などもここから確認します。
ホームページにアクセスしたということは、何かしらの興味を持ってアクセスしてきています。
どのようなユーザー層がどれくらいアクセスしているかを把握したいので、そういった場合に使用します。

ユーザーレポートでよく使うメニュー解説

・サマリー
セッション(訪問)数、ユーザー数、滞在時間、直帰率などがわかります。

・ユーザーの分布
年齢や性別がわかります。

・地域
訪問者のアクセスをしている国、都道府県などの地域がわかります。

・行動
新規訪問、リピーター、訪問回数やリピートの回数、間隔がわかります。

・ユーザーの環境
訪問者のブラウザやOS、ネットワークの環境がわかります。

・モバイル
訪問者がパソコン・スマホ・タブレットなのかわかります。

ユーザーレポートを活用して、ホームページ全体のアクセス数や訪問ユーザの情報を把握しましょう。

今回はユーザーレポートについて書きましたが、次回は最初に見るポイントその2をご紹介したいと思います。



Comments are closed