キャラ弁作りから学んだこと

こんにちは。室井です。

10月は行事がたくさんありました。

個人的にも子供の七五三の写真撮りやお祭りがあり、毎日があっという間です。

先日、小学校の社会見学があり、お弁当を持たせなくてはいけなかったのですが、

「ラインのブラウン(クマ)のお弁当にしてっ。 友達に持ってくると約束をしてある!! 」

というので、いわゆるキャラ弁を作ることにしました。

 

ネットで作り方を前日に検索しておき、何とか作って持たせました。

帰ってきて、感想を聞くと、

「すごいって言われたよ。あと、約束守ってくれたんだね!と言われた」

と言いました。

私はとてもびっくりしました。

私がもし、子供の話をきちんと聞かずに自分の手間を惜しんで、作ってあげなかったら・・・

逆に「約束を守ってくれない」と言われたりしていたのかもしれません。

それを考えると、話をきちんと聞いて、出来る限りのことをしてあげることの大切さを感じました。

それはどんなことにも言えると思いました。

仕事でも、相手の話をきちんと聞き、理解し、その都度、出来る限りの最善の行動を取ることが大切だと改めて気づかされました。

人の会話の中から、その言葉が出てくる背景や、その周囲にあるもの、期待されていること、その後どうなっていくのか・・・など、いろんなことを汲み取る感性を育てていきたいと思いました。

 



Comments are closed