「おもてなしの心」

 

こんにちは。ブログ当番の説田です。

最近は涼しい風が吹き始め、過ごしやすい季節となりましたね

 

さて先日2020年東京五輪の開催が決定しました

 

翌朝ニュースでみて嬉しく思いました。

これから7年後、その頃には小学生になる子供たちと一緒にスポーツ観戦を楽しめるといいなーと思っています。

 

そして日本招致団の最終スピーチもすばらしかったですよね。

「おもてなし」という言葉に注目してみました。

 インターネットで調べてみると・・・

 おもてなしとは「大切な人をお迎えするときの気持ち」であり、気づかいとは「心をもって正しきことを行うこと」心を込めて相手が望むことをすること、相手への細やかな配慮や繊細な所作こそ日本人にしかできない気づかい・・なのだそうです。

 

確かに、日々生活している中でおもてなしを感じる事が多々あります。

例えば飲食店で、「お水のおかわりいかがですか?」と声をかけられ、お水をついでもらう・・

雨が降っている日に買い物に行ったら、入口でハンドタオルが用意されていた・・

子供と一緒にレストランに食事に行くと、子供用のエプロン・食器・椅子など用意してもらえた・・

など、数えればキリがないですよね。。

 

2020年の五輪開催時には、たくさんの海外の方に日本人ならではの「おもてなし」の心にふれて頂きたいです。

そしてありがとうの感謝の言葉や気持ちがまた喜びとなり、五輪成功に繋がっていくといいですね

 

今後は自分でも意識して、仕事やプライベートにおいて、おもてなしの心で周囲の方に喜んでもらえるような行動をしていけたらと思いました

 

 



Comments are closed