「節分」

皆さんこんにちは北川です。

 

昨日我が家では節分の豆まきをしました。

鬼.jpg

 

何となく2月3日は節分だから豆まきをしておりますが、そもそも何故豆を撒くのか皆様ご存知でしょうか?

節分とは本来、「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日を指し、立春・立夏・立秋・立冬それ

ぞれの前日に、1年に4回あったものでした。ところが、日本では立春は1年のはじまりとして、と

くに尊ばれたため、次第に節分といえば春の節分のみを指すようになっていったようです。

立春を1年のはじまりである新年と考えれば、節分は大晦日(おおみそか)にあたります。平安時代

の宮中では、大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行

われていました。室町時代以降は豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し、民間にも定着してい

たっそうです。  

では、なぜ豆まきなのか・・・?

節分には豆をまきますが、これは中国の習俗が伝わったものとされています。豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病

息災を祈る意味があります。昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げ

つけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔

滅=まめ)」に通じるということです。

豆まきは一般的に、一家の主人あるいは「年男」(その年の干支生まれの人)が豆をまくものとされていますが、

家庭によっては家族全員で、というところも多いようです。うちもそうです。

家族は自分の数え年の数だけ豆を食べると病気にならず健康でいられると言われています。

ただ、豆まきに使う豆は炒った豆でなくてはなりません。なぜなら、生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出て

しまうと縁起が悪いからです。「炒る」は「射る」にも通じ、また、鬼や大豆は陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」

「水」の五行)の「金」にあたり、この「金」の作用を滅するといわれる「火」で大豆を炒ることで、鬼を封じ込めると

いう意味があります。そして最後は、豆を人間が食べてしまうことにより、鬼を退治した、ということになるそうで

す。

 

まったく意味を知らず今まで行事ごとでやっていましたが意味を調べると大変面白いですね!!

日本はいろんな行事があるので事前に意味を調べると今までに以上に楽しくなる気がしました。

 



Comments are closed