今年もお世話になりました。

皆さん、今年も終わりに近づきましたがいかがお過ごしでしょうか?

今年も様々な事が思い出されますが、皆さんにとって今年はどんな年だったでしょうか?

「リサイクル」と言う観点から考えますと、今年は大きな転換点となる年なのかもしれません。

今までの「買取」「販売」と言う通常の業務に、周辺需要である「修理」と言う部門が加わりました。

昔から「リサイクル」とは、常に隣り合わせの存在であったこの「修理」。ある意味「必然の事」だったんでしょうね。

すでに実行されていた方もおられたのではないでしょうか?

 

来年からはこの部門を更に「ビジネス」として確立させる年にしたいと思います。

今では「携帯」「時計」「貴金属」が中心ではありますが、今後は「家電」「カバン」「工具」等にも必要性が出てくるかもしれません。また修理が出来る事により、知識が広がり、更なる買取の幅が増える事でしょう。

「リサイクル」と「修理」。 当り前の時代になるのではないでしょうか? またはこれからの時代は「買い替え」ではなく「修理して使う」と言う昔のスタイルが戻ってくるかもしれませんね。

今年も皆さま本当にお世話になりました。 来年はどんな年になるでしょうか。 来年もどうぞ宜しくお願い致します。

 



Comments are closed