一眼レフの魅力

こんにちは。室井です。

 

先日の連休に奈良へ出かけました。

目的は、①9/30まで開催されている歴史的建造物のライトアップ②東大寺の大仏興福寺の阿修羅立像を見ることと、奈良公園の鹿にえさをあげることの4つでした。

1日目の奈良の夜は、五重塔と五重塔が水面に映る猿沢池、春日大社一之鳥居と、浮見堂などのライトアップを見ました。世界遺産や歴史的な建物が美しくライトアップされた奈良の夜は風情があって幻想的でした

奈良のライトアップは日本の建物に合わせた光に包まれていて何とも言えない美しさでした。

2日目には高さ約15mの世界最大級の金銅仏である奈良の大仏さまがいらっしゃる大仏殿に行きました。752年に開眼した大仏さまは圧倒される迫力があり、その背後につく飾りもよく見るととても凝った素晴らしいものでした。銅・金・木材を大量に集め、述べ9年、260万人の人手を掛けて作られたとされており、銅や金を溶かして作られているのですが、現在の貴金属のつぶしと同じことが1300年以上前にも行われていたのだということに改めて驚きました。

大仏さま2.JPG

興福寺の阿修羅さまは国宝でとても美しい顔をしている、現代でも大人気の仏像です。奈良時代の代表作の一つで、見た感想は、「人気があるのに深く納得」する8等身の美形でいらっしゃいました

奈良公園では数えきれない数の鹿がゆったりと過ごしていて、人に慣れていますので、子供たちに大人気です。鹿せんべいを持っていなかった時は全く反応がなかったのですが、私が鹿せんべいを10枚150円で買ったとたん、今まで寝転がっていた鹿たちが、ものすごい勢いで寄ってきて、一気に鹿だかりになりましたとても楽しかったです。

鹿.JPG今回、奈良の写真を撮りたいために、ずっと買うのを迷っていた(使えるかどうか心配で・・・)、念願の一眼レフを購入して、この旅に出ました

普通のデジタルカメラでは撮ることができないライトアップや、大仏さまのアップなど、何を撮影しても、その違いは歴然でした

難しい部分もありますが、たくさん撮れば数枚は良い写真を撮ることができて、写真の楽しさを知りました。

ネットで出品される際には一眼レフを使用される方が多いと思いますが、一眼レフを使って効果的に写真を撮ると、その商品の魅力が存分に伝えられると感じました。

今回撮った写真を数枚アップします。

 

 

 

浮見堂.JPG

大仏さま1.JPG

 

大仏殿.JPG



Comments are closed