皆既月食と宇宙の環境問題★☆

こんにちは

皆さん・・・12月10日、観ましたか??

 

    

そうです。皆既月食でしたねぇ・・・。

もちろん、私は観ましたよ!!

オリオン座の横に、神秘的な月が輝いてキレイでした

 20111201.jpg

皆既月食は、太陽・地球・月の順に一列に並んだ時におきる天文現象で、

満月の時にしかおこらないんですよ。

月が地球の影に入っても、完全な真っ黒にはならないんです。

赤っぽい色になるんです。

不思議ですよね・・・

太陽光が地球の大気によって屈折や散乱されて、月面を照らす為らしいです。

shadow.jpg

皆既月食は肉眼で観れるので、今回観れなかった人は、次回にでも

といっても、3年後です・・・。2014年10月8日です。

来年の2012年6月4日には部分月食があるので、そちらも観測してはどうでしょうか

 

今回も宇宙ネタになってしまいましたね

宇宙には沢山の星が輝いていて、美しいイメージがありますが、

残念ながら、地球の周りはゴミだらけです。

big.jpg

ひどいです。地球環境問題も、宇宙規模です。

これを、スペースデブリ(宇宙ゴミ)というそうです。

使い終わった人工衛星や、はがれ落ちたロケットの塗装などがゴミとなり、

秒速8キロもの速いスピードで地球の周りを回っています。

恐ろしいですねぇ・・・。

このままでは、宇宙で活躍している宇宙飛行士や宇宙船が危険になりますので、

ゴミを出さないようにロケットを設計したり、使い終わった人工衛星などは、

大気圏に突入させて燃やしてしまうか、より高い場所に移動しているそうです。

将来は、壊れた人工衛星を回収して宇宙ステーションで修理し、

リサイクルをして再び使えるよう、考えられています。

やはり、リサイクルは環境問題を取り上げる中で外す事が出来ませんね。

地球の中も外も、美しくなる将来に早くなるといいですね



Comments are closed