大雪と新幹線

1月も残す所あと2日ですが、私本年初ブログです。

 

本年も宜しくお願い致します!!

 

本日も日本海側を中心に大雪との事ですが、皆様お気をつけてお過ごし頂けたらと思います。

雪は怖いです。

 

正月以降、私共の地元の岐阜ではが何度か積りました。

 

県外の方に「岐阜のイメージ」をお聞きすると雪国と言われ方も多くいらっしゃいます。

実際の所、私共が本社を構えます大垣市含めた岐阜県南部には年2,3度積もる程度ですが、飛騨高山や白川郷などがある岐阜県北部はかなりの豪雪地帯です。

そんな中、今年は今日も含めて3回ほど雪が積もりました。中でも17日は久々の大雪で20センチ以上積もっていました。

通勤途中、渋滞を回避しようとして普段通らない裏道を通った所、、、、、

 

 

見事脱輪してレッカーで助けて頂くはめになってしまいました。

 

なれない雪道は危ないですので、今後も気を付けて運転したいと思いました。

 

 

そんな事もありましたが、先週山形の天童市で昨年オープン頂いた既存店様の訪問に行かせて頂きました。

東京駅で東北山形新幹線に乗り換え、山形に向かう途中突然新幹線が止まってしまいました。

大雪の影響で一本前を走っている普通電車が故障した影響で運転をストップしているとの事でした。

外を見ると一面銀世界で自分の背丈以上の雪が積もっていました。

 

その後、新幹線が最寄りの米沢駅で停車して動く見込みが無く、時間も22時を過ぎていましたので、急遽途中下車して近くのホテルに宿泊する事になりました。

ちなみにこれが次の日の駅の写真です。

米沢駅.JPG

改めて雪の大変さを感じました。

 

加盟店様の中にも北海道から東北、北陸、山陰と豪雪地帯で営業頂いているお店も多々あります。

雪が降るのが当然の地域であってもやはり天気が悪い日が続くと大変だと思いますが、頑張って頂きたいと思いました。

 

 

最後は得意の電車トークで閉めたいと思います。

 

山形新幹線が遅れた理由に、一本前を走っている普通電車の故障が原因と書きましたが、山形新幹線は他の新幹線(秋田新幹線を除く)と異なり、同じ線路を在来線と一緒に使っています。したがって最高時速も130キロ(福島駅以降)となり、割とのんびりと走っております。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、普通の新幹線とJRの在来線では2本のレールの間隔が異なります。

 

 

新幹線に使われるのが「標準軌」

JR在来線に使われるのが「狭軌」

といいます。

(左が標準軌、右が狭軌です)

6425236.png

何を言いたいかと言うことですが、福島と山形を結ぶ山形線は、新幹線の開業に合わせて標準軌変更されました。その為、在来線も標準軌仕様で作られており、普段見るJRの在来線よりも車軸の幅がありちょっとワイドでかっこよかったです。

今まで、新店のオープンや既存店の訪問などで全国を回らせて頂きました。今では入社して以降行ったことい県が、秋田、和歌山、長崎、大分と3県になりました。

 

 

そして2月25日には奄美大島でもオープンがあり、私も現地に入らせて頂きます。

 

これからも全国に良いお店を作って、今以上のリサイクルマートネットワークを作っていきたいと思っています。



Comments are closed