山陽新幹線の事故と駐車場のおばちゃん


こんにちは今週当番の岩崎です。

私自身年に2、3回位なんらかの交通機関のトラブルに遭遇してしまい、割とついてない方なんですが、先月もまたそのようなトラブルに遭遇してしまいました。

 

ニュースでご存知の方もみえるかと思いますが、先月22日に出張の為岐阜羽島から始発の新幹線を利用していたのですが、同日午前4時頃に神戸の須磨トンネルでの保守点検車両同士の事故が発生し、新神戸から姫路間の新幹線が運行中止になり、私も新大阪で降ろされてしまいました。

 

駅の券売機で切符を買う時(自由席しか選べなかったのでおかしいとは思ったのですが、急いでいたのでその時は気にしませんでした)には既に事故は発生し、運行止めにもなっていたのにそれに対する駅での告知は特に無く、新幹線に乗ってから社内放送で初めて事故を知りがっくりしました。

 

とりあえずお客様には大変なご迷惑をおかけしてしまいましたが、その場で事情をご説明し日程を変更して頂き、私もしょうがないので払い戻して引き返すことにしました。

 

山陽新幹線.jpg

 

私が新大阪駅に降ろされた時点で既にパニック状態で、大勢の人が払い戻しの為に駅構内の精算所に押し寄せ長蛇の列が出来ておりこれは大変やと思いましたが、とりあえず私も新大阪駅で払い戻しを受けるのか、それとも事故証明だけをもらい岐阜羽島駅で払い戻しするのか確認の為まずは案内所に行きました。

 

案内所に行くと駅員に「岐阜羽島で払い戻しするので精算所で証明を受けて下さい」と言われましたが、精算所はどうみても1時間以上の待ちが必要で、駅構内も想定人数オーバーで冷房が追いついてなくかなりの暑さでしたので、案内所の駅員にここで証明が欲しいと言いました。

 

そしたら初めは、「ここはあくまで案内所でそのような対応は出来ません」と言われましたが、それでも少し粘って交渉したら駅員が奥に入っていき証明をくれました。

これが証明です。

 

DSCN1616編集済み.JPG

 

こんなハンコ1個もらう為に、1時間以上も待たなくてホント良かったと思いましたが、私のように粘らずに並んでいる人、新幹線利用に慣れてなく知らずに並んでいる人も大勢いたと思います。

夏休みシーズンで旅行中の方も大勢みえ、とんだ災難に遭ってしまったと思います。

 

このような一刻を争う緊急時には出来る限り利用客に迷惑をかけないように、切符確認してハンコ1個押す為の簡易窓口でも設置して柔軟な対応をしたら良いのにと思いましたが、完全マニュアル化されていて、事故から既に3時間以上経った時点でもそれ以上の事が現場では出来ずで、結果約6万人以上に影響を与え長蛇の列と利用客の更なる不満の原因に繋がっていると思いました。

 

とりあえず事故が起こった際の迅速な告知と、その後の対応がなんか足りんなと感じました。

 

帰りに岐阜羽島駅で駐車場に戻り、駐車場のおばちゃんからもう戻ったのかと尋ねられたので事情を話すと、駐車料サービスしてくれて最後になんか救われた気がしました。

 



Comments are closed