日本のゴミからW杯ユニホーム誕生!?

 米ナイキ社は契約するW杯出場9か国のユニホームを26日、発表した。素材のポリエステルの材料として、日本と台湾のゴミ廃棄場から、使用済みのプラスチックボトルを調達し、新たに糸を作った。1枚のユニホーム換算で、最大8本使用。これにより最大30%の原材料と、エネルギー利用の節約が可能になったみたいです。 機能面では過去のモデルより13%軽量化。上下のウエア両方に通気孔を設け、快適性がより追求されているみたいです。ワールドカップもエコの時代です。どんどん進化していけるリサイクル事業は奥が深いですネ。

 



Comments are closed